妊娠線が出来た時の話※三人目の出産で妊娠線出現

私は三人の子供を出産しました。一人目を妊娠した時に急激な体重増加のせいで体に妊娠線が出来てしまいました。私の場合はお腹周りだけではなくて、胸の周り、太もものあたりに妊娠線があります。

一人目の時はそこまで目立たなかったのですが、二人目、三人目と続いたせいで妊娠線の出来ている範囲はどんどん広がっていきました。もちろんプールなどに行くと、妊娠線が見えてしまうのでそこまで肌が出ない形のものを選ばなければなりません。

子供には「お母さんどうしてお母さんのおなかには模様があるの??なんだか虎みたいだね。」と言われてしまいます。妊娠線は出来てしまったらもう消すことはできません。鏡を見るたびに虎のような模様のできた体がとても嫌で嫌でたまらないのでした。

妊娠線の部分は皮膚が薄くなっているのでてかてかしていて、まるでやけどの跡のようになっています。以前温泉に行った時も周りの人に見られてしまうのがとても嫌でした。うちの母のおなかにも妊娠線はありますが、子供の頃私は母のおなかがどうしてそんな風になっているのか知る由もありませんでした。

でも実際に自分が同じようになってからようやく母の気持ちがわかったような気がするのでした。自分が子供の頃に抱いていた思いを、もしかしたら自分の娘もしているのかもしれません。

娘たちにはそんな風にならないように妊娠線予防のクリームをちゃんと塗るように伝えたいと思います。出来てからでは取り返しがつかないので、やはり一生この体と付き合っていかないといけないのはかなりつらいです。

できることなら綺麗な体に戻りたいと思うのでした。男の人にはもちろんこの気持ちはわかるはずもありません。旦那があたしの体を見てどう思っているのか不安でたまらなくなるのでした。

また、妊娠の影響かどうかは分からないんですが、出産後骨盤が歪んでいることを指摘されました。 骨盤が歪むことによって、下半身も太りやすくなるし、生理痛もひどく良いことがありません。

そこで骨盤の歪みを直すというガードルをネットで購入しました。

履くだけで治るの?って感じですが、とりあえず何もしないよりかはマシかなと思い履いています。

子供が生まれてすごく幸せなんですが、妊娠きっかけで身体はひどくなる一方です(*_*)